トップページ

会社概要

社名株式会社 アキタフーズ

福山本社
広島県福山市光南町三丁目7番30号
TEL:(084)928-8222(代表)
FAX:(084)928-8245

東京本社
東京都港区新橋六丁目14番3号 御成門PREX 7F
TEL:(03)6809-1806(代表)
FAX:(03)6809-2605

設立
昭和41年10月27日(創業昭和2年)

資本金
9,300万円(グループ全体 3億3,810万円)

代表者
代表取締役社長  岡田 大介

事業案内
1.採卵用初生雛、若雌の生産販売
2.飼料の製造
3.鶏卵の自家生産、処理販売

沿革

昭和 2年 秋田実が日本鶏育種改良を開始。
昭和25年 秋田実がふ化業を創業。
昭和27年 秋田善祺、学業を終え、父 秋田実創業のふ化業を継ぐ。
昭和39年 外国種ハイライン鶏の広島県特約ふ化場となる。
福山市神村町奥田にハイライン種鶏農場を開設。今津町にふ化場を開設。
昭和41年 資本金100万円を以て、株式会社秋田種鶏園を設立。
秋田善祺代表取締役に就任。
昭和42年 久井ポートリーを開設。若雌育成事業をスタート。
福山市神村町に本社事務所及びふ化場を新築移転。
昭和43年 資本金400万円に増資。
昭和45年 鶏卵販売事業をスタート。
昭和47年 株式会社アキタ産業に商号変更。資本金1500万円に増資。
尾道市に鶏卵選別配送センター尾道工場を開設。
昭和48年 資本金3000万円に増資。
昭和50年 岡山市に鶏卵選別配送センター岡山工場を開設。
昭和53年 福山市南松永町に松永飼料工場を開設。
昭和55年 広島県庄原市東城町に東城ポートリー(近代的ウィンドレスインライン採卵農場)を竣工。
昭和58年 大阪府摂津市に大阪鶏卵(配送)センターを開設。
福山市南松永町に福山鶏卵(選別配送)センターを新築移転。
同時に岡山及び尾道鶏卵選別配送センターを廃止。
資本金6000万円に増資。
昭和59年 広島県庄原市川西町に庄原ポートリー(近代的ウィンドレスインライン採卵農場)を竣工。
平成 元年 広島県庄原市東城町に竹森ポートリー(近代的ウィンドレスインライン採卵農場)を竣工。
平成 2年 シーエーエフラボラトリーズ(鶏病診療及び鶏卵品質管理室)を開設。
平成 3年 広島県庄原市東城町に東城ポートリー第2農場(近代的ウィンドレス採卵農場)を竣工。
平成 7年 福山市光南町に本社ビルを新築移転。社名を株式会社アキタに変更。
福山市神辺町にシーエーエフラボラトリーズ(鶏病診療及び鶏卵品質管理室)を新築移転。
平成 8年 大阪府摂津市鶴野に大阪鶏卵(配送)センターを新築移転。
平成 13年 広島県三次市三和町に南山ポートリー(超近代的ウィンドレスインライン採卵農場)を竣工。
平成 14年 東京都中央区日本橋本町に東京営業所を開設。
平成 15年 千葉県いすみ市山田にいすみポートリー(超近代的ウィンドレス採卵農場)を竣工。
千葉市緑区に関東GP(鶏卵選別配送)センターを開設。
平成 17年 資本金9,300万円に増資。
平成 19年 千葉県いすみ市山田にいすみポートリー第2農場(超近代的ウィンドレス採卵農場)を竣工。
東京営業所を廃止し、同所に東京支店を開設。
平成 22年 静岡県富士宮市に富士山ポートリー着工。
東京支店を移転。
東京本部を開設。
平成 23年 静岡県富士宮市に富士山ポートリーGP(鶏卵選別配送)センターを開設。
平成 25年 富士山ポートリーを竣工。
平成 26年 名古屋鶏卵センターを開設。
平成 29年 大阪府柏原市に東城ポートリー関西GPセンターを開設。
平成 30年 東京本部を改称して東京本社を設置し、二本社体制とする。
平成 31年 株式会社アキタフーズに商号変更。
令和 元年 代表取締役社長交代。
秋田善祺社長 代表取締役上級会長に就任。 その後、グループ代表へ呼称変更。
秋田正吾副社長 代表取締役社長に就任。
令和 2 年 代表取締役社長交代。
秋田善祺 代表取締役グループ代表 辞任。
秋田正吾 代表取締役社長 辞任の上、生産管理部門担当の取締役に就任。
岡田大介 取締役会長 代表取締役社長に就任。


商品情報

きよら

・きよらについて
アキタフーズは、1927年の創業以来、たまごひとすじ。
「きよら」は、長年培った技術を活かし、おいしいたまご作りへの深いこだわりを持って、さらに消費者の期待に応えるべく新しいブランドとして誕生しました。

「きよら」のふるさとは、標高900mの森林に囲まれた富士山の麓にあります。
健康な鶏へ地下500mから採水された澄んだ富士深層水と、富士山の清涼で綺麗な空気。標高900mの涼しい場所(海抜0mに比べて平均気温が5 ~10℃低くなる)にある富士山ポートリーで生産されます。

たまごの水分含量は約75% で、鶏に与える水の質がたまごのおいしさに大きく影響すると考えられます。富士山は活動期に噴出したマグマが急速に冷やされてできた玄武岩が多い地層です。玄武岩はバナジウムを多く含んでいます。富士山に降った雨や雪は、長い年月を経て、バナジウムを含んだ天然ミネラル水になります。富士山ポートリーの赤鶏は、地下500m から汲み上げた、澄んだ富士深層水を飲んで健やかに育ち、おいしいたまごを産んでくれます。

ほめたま

・ほめたまについて
加熱調理した時の鮮やかな色調。他の食材(野菜、お肉など)とのコントラストが抜群!
3種の天然ハーブを配合した飼料を鶏に与え、
たまご独特の臭みを抑えて、旨味を付加しました。
自然豊かな農場で元気に育った鶏から産まれたたまご。新鮮さをそのままでお届けします。

ビィータGOLD

わたしたちのカラダだけでは、十分な量のビタミンを作ることができません。
したがって、食べ物から継続的にビタミンを補給する必要があります。 ビィータGOLDはビタミン全13種類のうち、9種類を強化。生でも、加熱調理をしても、バランスよくビタミンを補えます。
(特許技術で生産)

ビィータGOLDは、ビタミン9種に加え、さらにDHA・EPAも強化しました。
"さらさら成分"といわれる、オメガ3脂肪酸のDHA・EPAも、 体内で作れないため、食品などからの摂取が必要な成分です。
水は、「鶏の体」や「良質な卵づくり」に欠かせない重要な要素です。 富士山ポートリーでは、鶏たちに農場内の地下500mから汲み上げた バナジウム成分が豊富な天然ミネラル水を与えています。鶏たちは 健康に育ち、おいしい卵を産んでくれます。

飼料には、スケトウダラ由来の高品質な魚油(DHA・EPAを含む)を使用。
魚の臭みを抑えた、上品なおいしさです。
(特許出願中)
ビィータGOLDは、栄養とおいしさを備える、みんなの健康を考えた、からだ思いのたまごです。

採用情報

新卒採用

募集職種・分野
■総合職
■獣医師(資格取得見込みも含む)

※アキタフーズグループ一括での採用になります。
※職種と配属先については、ご本人の希望や適性、当社の状況で決定いたします

仕事内容
■総合職(農場管理・生産管理)
直営農場にて、ひな・鶏の育成など飼養管理に関わる業務全般の担当です。
産卵状況の確認やワクチン接種の実施、農場の設備・機械のメンテナンスなど、鶏にとって快適な環境をつくっていくお仕事です。

募集対象
  
理系大学院生
理系学部生
文系大学院生
文系学部生
既卒者

・2021年3月卒業予定の方
・既卒3年以内で就業経験のない方

募集人数 16~20名
募集学部・学科 全学部・全学科

選考方法
■AI面接(スマートフォンを使用します。詳しくは説明会にて説明致します。)
■役員面接(個人)

詳しくはこちら


元代表、元農水相への献金問題について

アキタフーズの元代表による元農水相への現金提供が報道され、注目を集めています。

元代表の秋田善祺氏は、所有していた株式を売却し、2020年7月には辞任していることから、
この事件にアキタフーズ自体は関与していないものと考えられます。

また、アキタフーズも「社として関知していたものではないが、検察当局の捜査に全面的に協力する」と発表し、昨年の11月には外部から社外取締役・社外監査役を招聘し、経営刷新委員会を設けるなど、
現在は社長である岡田大介氏を筆頭に、堅実な経営体制を作りを進めているようです。



2021年1月15日の情報では、
元代表と吉川元農水相の間に現金500万円の受領があったとして、
東京地検特捜部が贈賄及び政治資金規正法違反で在宅起訴をしています。

これについて、アキタフーズは
「前代表の在宅起訴について」ただちに謝罪とともにコメントし、コンプライアンス態勢の強化を中心にリスクマネジメント全般の見直しを推進していると発表しています。

捜査が続き、さらに情報が明らかになることが予想されます。

アキタフーズ前代表と会食で事務次官ら6人処分

農林水産省は2021年2月24日、吉川貴盛元農水相への贈賄罪で在宅起訴されたアキタフーズの秋田善祺前代表が同席する会食に参加していたとして、事務次官ら職員計6人を処分する方針を固めました。

同省調査で前代表が飲食代を負担していたことが判明しました。

国家公務員倫理法は国家公務員に対し、利害関係者の負担による会食を禁止。農水省は25日に調査内容と処分について発表するとしています。

同省によると、吉川元農水相の大臣就任直後の2018年10月と退任直後の19年9月、吉川氏と前代表が出席する会食に、鶏卵行政を担う生産局の当時の職員らが参加。枝元氏は生産局長として18年の会食に列席しました。

職員は全員、飲食代を負担していませんでした。枝元氏は吉川氏に誘われたとした上、「吉川大臣が支払ったと思っていた」と釈明していましたが、実際には確認しておらず、今回の処分につながったとみられています。

参考:Yahoo!ニュース

なお、これら一連の事件は、前代表が独断で行ったため、現アキタフーズ及びその商品との関連性は全くないということとされています。


外部リンク


  • 最終更新:2021-02-26 14:55:29

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード